鉄道










私は時々鉄道を利用します、私が始めて中国を訪れた時には中国国内の車両はあまり新しい物がなかったのですが、2年ほど前から(和?号)と呼ばれる新型列車が多くの路線に登場し、移動時間の短縮化と乗り心地と空間の快適さは格段に向上しました、まだまだ旧車両が多いのですが、入れ替えが相当な速度で進んでいるようで、ずいぶんこのタイプの車両が増えたように思います 中国の列車は一般の座席タイプの車両は大概2階建て構造になっていて、一度に多くの人を運ぶ事が出来るように考慮されています、また席はそのほとんどが指定になっていますから、列車の番号と車両番号と座席番号が切符に書かれています、改札は各列車の出発時間ごとにゲートが開かれ一斉にホームに入りますので、案内職員の放送とか電光表示案内の出発車両番号の表示に注意していなければなりません、うっかりしていると乗り過ごしなんてのも有り得ますよ。切符はゲートに入る時と車両に乗る時にチェック(改札)があります、2年ほど前まで改札の自動化の為に様々な試みがなされているようで紙の磁気カードタイプとか、ハードケース(キャッシュカードの厚いようなもの)とか、ただの紙の切符とかいろいろなタイプの切符が混在していましたが、今はほとんど紙の一部に磁気データー記憶ラインを印刷した物に統一されつつあります 自動販売機も増えてきていますので、行き先と路線が理解できれば気楽に列車を利用する事が出来ます、でも大きな駅の場合はちょっと迷うかもしれませんね、駅の構内の路線案内、乗り場案内がだいたいわかればなんとかなるでしょう