農村の生活






中国では列車移動の途中で山村や農村の景色を目にしますが、私も一度だけ農村地域に実際に足を踏み入れた事があります、山間の小さな村ですが、それでも人口は日本の田舎よりはるかに多かったように思います、近くには工業地も無く山間の盆地が一つの集落になっていてそのほとんどが周囲の畑で農作物を栽培したり、鶏やアヒルを飼ってその卵や肉を食して生活を送っているという完全な農村の暮らしです、住宅はレンガ作りで外面をセメントで固めてあり木造のドアは外部の人や動物の侵入を阻止する程度の目的で隙間からは風が入り込んできます。 トイレは人糞を肥やしとして使用する為にU字溝状態の場所に用を足し、それが室外に取り出されて肥溜めに入る構造になっていました。やはりトイレに関しては相当抵抗感を覚えましたが、それはそれ必要な時には仕方有りません それ以外の部分は私自身田舎育ちなので耐え難いような事は有りませんでした、農村の人はやはり地方の言葉しか解らないので私の話す普通語もあまり通じなかったようです 残念な事に田舎でも「小吃」と呼ばれる食品を売る場所ではビニール袋が使用されていて、その空き袋がいたるところに捨てられていて、人が行動するあらゆる場所にビニールごみが散乱している様が記憶に残っています 大きなお世話かも知れませんが、あのゴミさえなければもっと気持ちよく暮らせる空間になるのにと思ってしまいました。あれから3年が過ぎましたがまた機会があれば行ってみたいと思っています。願わくばゴミが減って綺麗な農村になっていて欲しいと願っています。 農村の生活は都会の生活と比べて安全なのでしょう、決して豊かでは無い生活では有りませんが、なにかしら人情味を感じる人が沢山いました、衛生面の不安が無ければ農村の生活は農民にとって心地良いものかもしれないと感じました