飽きないで学習する為の工夫

外国語の学習をする上で重要な事は、毎日たとえほんの少しでもその言語の触れる事だと思います。その為に必要なのは目的を持つ事と飽きずに続ける為の工夫をする事です。誰でも興味の無い内容を目の当たりにすると直ぐに眠けが襲ってきます、たとえ興味がある事でも内容が乏しかったり単調だったりすると飽きてしまいます、ならばどうすれば飽きずに毎日学習する事が出来るでしょうか、それは普段の生活の中での会話と同じように、様々な話題の中である程度の期間を置いて同じような場面に遭遇する事です、私はその意味で中国のホームコメディの“家有儿女“を見ながらドラマに入り込んで一緒にその場に居るような仮想経験をお勧めします。デジャブーじゃないですけど、あ!!さっきの言い方と同じだとか、あの時の使い方と似ているとか、それって日本語と全く同じ表現だとか、いろいろな発見が有ると思います

文法と参考文例を繰り返し覚え込ませるより自分で気付いたほうがはるかのスムーズに頭に入るものです、もちろん強制的に覚えたり、判らない部分を調べたりという作業はゼロにはなりませんが、飽きずに学習を続ける為にはとても有効だと思います